国立大学法人 豊橋技術科学大学 国際協力センター

文字サイズ

ICCEEDセンター長挨拶

穂積先生_写真.jpg

国際協力センターの前身となる工学教育国際協力研究センター(ICCEED)は、開発途上国に対する日本の国際教育協力を推進するための研究拠点として構想され、平成13年度4月に設置されました。国際教育協力に関する研究センターが設置されたのは、教育学(平成9年度広島大学)、農学教育(平成11年度名古屋大学)及び医学教育(平成12年度東京大学)の分野に続くものです。以来ICCEEDは平成16年度における国立大学法人化の後においても引き続き、学内外の研究者と協力して工学分野における国際協力プロジェクトの形成・運営に取り組んできました。

平成25年10月には「グローバル工学教育推進機構国際協力センター(ICCEED)」として改組されるとともに、ミッションの見直しが行われ、

  1. JICA等の国際協力諸事業の企画・実施
  2. 優れた海外教育研究機関との連携強化・連携先の開拓
  3. 大学間交流協定等の締結の包括的業務
  4. 海外連携機関の高度化支援
  5. 本学の国際戦略の策定・推進

を目的とした活動をおこなっています。国際交流センター・国際教育センターとともに本学グローバル工学教育推進機構を構成し、連携して大学全体の国際展開の促進に当たっています。

アジア諸国が急成長を見せる中、国際協力も従来の支援のやりかたから、互恵的な協力関係に変わってゆくと予想されます。大学においては、日本人学生の国際化も重要な課題となりつつあり、先進諸国も包括した諸外国の大学とのパートナーシップが、これまで以上に強化される必要があると考えております。

ICCEEDの運営にあたっては、政府機関、国際協力機関、高等教育機関のご協力を得て運営協議会を組織し、センターの基本方針、その他の重要事項を審議頂いています。

ICCEEDは各般の期待に応えるため、これからも努力してまいりますので、皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

ページ
トップへ