Ignite:Institute for Glocal Network Innovation in Technology Education

文字サイズ

機構長からの挨拶

国立大学法人 豊橋技術科学大学 グローバル工学教育推進機構 機構長 井上 光輝

経済や情報のグローバル化が進み、技術科学の分野でも国際的な競争に挑むことができるグローバル人材の育成が求められる時代になりました。そのような中、大学に対しても教育環境の国際化や、海外研究機関との協力を通した研究力の向上が求められています。本学ではこれまでもアセアンを中心とする国々との連携を通して国際化を推進して参りましたが、2013年10月にグローバル工学教育推進機構(IGNITE: Institute for Global Network Innovation in Technology Education)を設立し、学内の国際関係の組織を集約することにより、国際化を更に強力に推し進める態勢を整えることになりました。

IGNITEは国際交流センター、国際協力センター、国際教育センター、およびマレーシア教育拠点を統括し、グローバル化を推進することを目的とする組織です。本学ではこれまで留学生の受入れと獲得に関する業務を国際交流センターが、工学教育分野における国際協力活動を国際協力センター(旧工学教育国際協力研究センター)がそれぞれ担当して来ましたが、この度、日本人学生の国際化のための教育プログラムを構築することを目的とする国際教育センター、世界的な視野を持つグローバル技術者を育成するための基盤施設であるマレーシア教育拠点(ペナン校)を新設することにより、本学の国際競争力の強化とグローバル人材の育成を一元的に担う組織体制を構築致しました。

特にペナン校は文部科学省の「国立大学改革強化推進事業」の一つである三機関連携事業で設立したものであり、国立大学で初めての海外教育拠点になります。成長著しいアセアン地域の一つであるマレーシアに拠点を構え、日本人学生を「留学生」として現地で教育することにより、世界的な視野を持つグローバル技術者を育成することを目指しています。ペナン校での日本人学生の教育はグローバル化の観点から一つのモデルケースとなり得るでしょう。

世界的な競争が激化する中、我が国の大学には競争を勝ち抜く力を付けることが求められています。そのためにはグローバルな環境での競争が特別なものでなく、遍在的なものである状況を作り出す必要があります。このような状況を作るには、それを牽引していく組織と何らかのきっかけが必要です。Igniteには「着火・発火」という意味があります。IGNITEは本学のみならず、我が国の高等教育におけるグローバルな環境づくりの着火剤になることを目指して、今後の活動に取り組んでいきたいと思います。

 

ページ
トップへ