国立大学法人 豊橋技術科学大学 国際交流センター

文字サイズ

トビタテ!留学JAPAN

平成30年度後期(第8期)トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム

文部科学省および独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)では、企業等と連携して、新たな海外留学支援制度「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」を創設し、海外留学を目指す学生を募集しております。

募集内容の詳細は、JASSOのホームページをご覧ください。

応募方法・締め切り

応募書類は学生個人が作成します。JASSOへの提出は国際課がとりまとめて行います。

  • 留学計画書を国際課へ提出すること。
  • 応募学生は国際課へ必ず事前に相談すること。
  • 留学計画書は作成中でもよいので必ず締切日時までに提出してください。
提出期限 2017年9月11日(月)17時

1.派遣留学生の主な要件

  1. 日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている学生
  2. 日本の在籍大学等において、卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍する学生
  3. 日本の在籍大学等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生
  4. 大学全国コースは(独)日本学生支援機構の第二種奨学金の家計基準を満たす学生、大学オープンコースは家計基準を超える学生を支援する。
  5. 留学に必要な査証を確実に取得し得る学生
  6. 本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加する学生
  7. 留学終了後、日本の在籍大学等に戻り学業を継続する学生又は日本の在籍大学等の学位を取得する学生
  8. 平成30年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生
  9. インターンシップ等での報酬や他団体等から留学のための奨学金を受ける際には、その平均月額が、本制度による奨学金の支給月額を超えない学生
  10. 本制度の第1~7期派遣留学生でない学生
  11. 障害のある学生で、本制度に申請するにあたり支援が必要な場合には、事前に在籍大学等を通じて相談ください。

2.留学計画の申請要件

  1. 平成30年4月1日から平成30年10月31日までの間に諸外国において留学が開始される計画
    ただし、留学開始前に平成30年3月または6月に日本で開催される事前研修に参加できる計画
  2. 事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加できること
  3. 諸外国における留学期間が28日以上2年以内(3ヶ月以上推奨)の計画
  4. 留学先における受入れ機関が存在する計画
  5. 本学が、教育上有益な学修活動と認める計画
  6. 研究室配属学生については、指導教員と定期的に連絡が取れる体制にあること
  7. 学生個々が計画を作成し、実践的な内容であること(例えばインターンシップ、フィールドワーク、ボランティア等の内容が含まれること)

3.支援の内容

奨学金 大学全国コース 月額12~16万円(留学先の都市によって異なる)
大学オープンコース 月額6万円
留学準備金(定額) アジア15万円/それ以外の地域25万円
授業料(定額) 〔1年以内の留学〕30万円/〔1年を超える留学〕60万円

4.支援予定人数

500名(予定)

理系、複合・融合人材コース 220名
新興国コース 80名
世界トップレベル大学等コース 100名
多様人材コース 100名

5.応募書類

以下の書類とデータを国際課へ提出してください。

  • 留学計画書
  • 留学先機関の受入許可証等(すでに用意できている場合のみ)

【注意】学内締切は2017年9月11日(月)17時 です。

詳細は必ず募集要項でご確認ください。

窓口 国際課 留学生係
内線 2042, 6577
メール outgoing@office
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください。

ページ
トップへ