国立大学法人 豊橋技術科学大学 国際交流センター

文字サイズ

海外インターンシップ

平成30年度 大学院博士前期課程「海外インターンシップ」実施要項

1. 教育課程上の位置付け

共通科目 ― 特別科目の2単位科目
ただし、修了要件には算入しない。

2. 時期・期間等

原則として、夏期休業期間中の2週間以上
※渡航期間を除き、実習時間90時間以上(実習日数12日以上)を確保すること。

3. 実習先

海外の企業、官公庁、研究所、大学等

  • 受入機関において従事する仕事(研究)が教育的見地より適切であること。
  • 目的が語学研修のみでないこと。

4. 履修に当たっての要件

  1. 心身ともに健康であり、学業成績が優秀であると認められる者
  2. 指導教員が推薦する者
  3. 実務訓練委員会が履修を認める者
  4. 保証人の承諾を得られる者

5. 募集

  1. 各系の実務訓練委員を通じて、各専攻で募集を行う。
  2. 「海外インターンシップ」の履修を希望する者は、所定の履修申請書を記入のうえ、5月31日(木)までに教務課キャリア教育支援係へ提出する。
  3. 「海外インターンシップ」の履修は、指導教員が実習先との調整・交渉等を行える場合に限る。

6. 実習後の報告

「海外インターンシップ」を履修した者は、帰国後速やかに所定の実習報告書を提出すること。

7. 報告会の開催

「海外インターンシップ」を履修した者は、報告会に出席し、成果を報告しなければならない。
報告会での報告は英語によるスピーチで行うこと。

8.実習に係る経費

原則自己負担とする。ただし、本インターンシップ履修学生を対象とした奨学金制度があり、受給を希望する場合は、履修申請時に応募の意思表明をすること。

9. その他

  1. 外国人留学生は、母国での履修を認めない。
  2. 大学が指定する海外インターンシップ保険、海外旅行保険、危機管理サポートデスクへの加入を義務付ける。

奨学金等支援制度

「海外インターンシップ」を履修する学生を支援するものとして以下の制度がある。

●『豊橋技術科学大学海外実務訓練等支援奨学金支給規程』に基づく奨学金
 ・
人数 12名以内
 ・支給額 アジア...10万円、その他の地域...15万円
 ・選考 英語による面接審査を経て決定

●『豊橋技術科学大学海外研修生制度』に基づく奨学金
 ・
人数 4名以内
 ・支給額 原則15万円以上(上限20万円)

※奨学金採択の可否にかかわらず、履修の意志をもって申請すること

ダウンロード

問い合わせ先

窓口 豊橋技術科学大学
教務課キャリア教育支援係(B棟1階・西側)
メール career@office
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください。

ページ
トップへ