国立大学法人 豊橋技術科学大学 国際交流センター

文字サイズ

組織と活動

概要

平成24年度に開始した大学改革強化推進事業では、グローバル教育の強化・展開を主に担当し、平成25年10月に、学内組織としてグローバル工学教育推進機構を設置しました。

この機構における国際交流センターの目的は、本学が推進する国際戦略の柱である学生交流を強化し、外国人留学生の受入れと日本人学生の海外派遣に関わる諸問題を解決し、国際交流を積極的に推し進めてゆくことです。

留学生の就学や就職、生活両面でのサポートに加えて、日本人学生が国際感覚を身に付けるための外国語学習のサポートや、留学生との交流の活発化を図っていきます。

組織と運営

soshikizu.jpg

ミッション

  1. 全世界からの優秀な留学生の継続的獲得
  2. 留学生、外国人研究者や研修者、その家族等を対象とした日本語教育
  3. 国際交流デーやサマースクールなどの学内国際事業の企画・実施
  4. 本学から派遣する学生・教職員の渡航前語学・文化教育
  5. 留学生に対する勉学面および生活面での相談・サポート

沿革

昭和53年度 学内共同教育研究施設として語学センター設置、教授2名・助教授1名でスタート
昭和55年度 ニューズレター創刊
平成6年度 CALLラボ設置
平成11年度 Net Academy設置
平成14年度 留学生センター設置
FD研修スタート
CALLラボリニューアル
平成22年度 国際交流センターに統合

 

ページ
トップへ